NSF250R用リアキャリパーブラケット

連日の新製品投入です。今回も商品名長いです

NSF250R用リアキャリパーブラケット(TZタイプキャリパー用)

DSC_0065

商品名の長さとニッチ度は強い相関があると思うのですが、そんなことはどうでも良くて(笑)、アドバンテージ社から発売されているNISSINリアキャリパー対向2POT TZ Type(パーツ番号ADRC-T64B)をNSF250Rのリアキャリパーとして取り付けるためのブラケットです。商品にはキャリパーは付属しませんので、別途購入いただく必要があります。キャリパーは実売価格で29000円前後で売られているようです。

DSC_0071

取り付けると、このような感じになります。簡単に特徴を。

純正の片押しキャリパーから対向2POTになることで、キャリパーのフローティング機構が不要になりますので、可動部分が少なくコントロール性の高いブレーキシステムを構築できます(という話だそうです。受け売りですみません)。

スイングアームのエンドブロックの溝を使ってキャリパーの回り止めを実現しているので、トルクロッドが不要になります。純正キャリパーでは、転倒時にフレーム側のトルクロッド取り付けステーが破損するケースが時々あるそうですが、そのような破損も回避することができます。

また、ブラケットにはステー固定用のM5のタップが切ってありますので、車速センサーなどの取り付けなどに使用できます。

アルミ(A2017材)からの削り出しで、クリアのアルマイトをかけてあります。

このブラケット、実は海外製に元ネタがあるのでオリジナルではないのですが、よくできていますね。

前投稿のNSF250R用リアブレーキリターンスプリングキットもなかなか売れなさそうな商品でしたが、今回のはキャリパーとセットで約4万円になってしまうので、さらに敷居が高そうです。年間3個売れるかどうか...(笑)。

 

カテゴリー: Webショップ パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です