2DロガーとCAN

2Dロガーを借りて、CANの通信の解析をしました。

IMG_0576

ある計測装置を作って、そのデータを2Dロガーにロギングします。CANは思ったよりシンプルなプロトコルのようなので安心しました。どのようなフォーマットで2Dにデータを送ればよいかも確認できたので、回路の設計に入れそうです。

2Dのソフトウェアーはさすがに世界GP御用達のロガーだけあってよくできています。いろんなことが設定できて自由度がとても高いです。逆に設定が多すぎて困るという側面はあるのかもしれませんが、使いこなせれば強力な武器になりますね。

 

カテゴリー: エレクトロニクス パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。