GROM純正ECUの点火マップ測定

GROMの純正ECUの点火マップを測定してみました。

IGNT-RPM-TPS

O2センサーはGND固定、油温センサーは190Ω(100℃)固定、吸気温センサーは2.3KΩ(20℃)固定でTPS(スロットルポジション)を5%から98%まで変化させています。

アクセル全閉、アイドリング時(1400rpm)に上死点前(BTDC)12度と仮定してグラフを書いています。

全開域はキャブ車の点火マップに似ていますが、アクセルがあまり空いていない領域のマップはちょっと変わっていますね。高回転、全閉領域でこんなに進角すると何が起こるんだろう。

エンジンブレーキの為?燃費や排ガス対策?

謎です。

カテゴリー: GROM ECU パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。