GROM純正ECUインジェクションマップ測定

GROMの純正ECUのインジェクションマップを測ってみました。

INJT-RPM-TPS

O2センサーはGND固定、油温センサーは190Ω(100℃)固定、吸気温センサーは2.3KΩ(20℃)固定でTPS(スロットルポジション)を5%から98%まで変化させています。

約9200rpmでリミッタが効いています。

回転が上がるとインジェクション時間は減少傾向になるんですね。

 

カテゴリー: GROM ECU パーマリンク

GROM純正ECUインジェクションマップ測定 への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。